800万円の超高額セットを「いらんわ」とバッサリ切って捨てたという明石家さんま

「現場の空気」を最優先するさんまの哲学が日テレに浸透したと話した

「一発屋」という言葉が一般名詞になって久しい。一発ギャグでテレビを席巻し、ブームが終われば消えていく──栄枯盛衰激しい芸能界を象徴する存在だ。その対極にあるのが、長くレギュラー番組を続ける大御所タレントだ。特にビートたけし、明石家さんま、所ジョージの3人は、テレビでその姿を見ない日はない。彼らはなぜ、いつまでもテレビに出られるのか? 彼らの出演番組はなぜ長寿なのか? 吉川圭三氏の新著『たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場』(小学館新書)は、その謎を正面から解き明かす。

 吉川氏は日本テレビで数々の長寿番組を立ち上げた元名物プロデューサーだ。『世界まる見え!テレビ特捜部』ではたけし・所と、『恋のから騒ぎ』『踊る!さんま御殿』ではさんまとタッグを組んだ。吉川氏がいう。

「私は30年超のテレビ屋生活で、幸運にも3人の天才の『プロフェッショナリズム』を間近に目撃することができた。彼らは一見、天衣無縫に見えるけれども、その内実は『仕事人としての哲学』にあふれている。安易な焼き直し番組が量産され『テレビ離れ』などと揶揄されるなか、後進のためにプロとしての彼らの姿を残しておきたいと執筆を決意したのです」

 ここでは、心に残るさんまの「すごい」逸話を一つ紹介。800万円をフイにしても、さんまは「現場の空気」を最優先した。

「楽しくなければテレビじゃない」と掲げ、栄華を誇った1980年代後半のフジテレビ。後塵を拝する日本テレビの上層部は若手テレビマンの吉川氏に「明石家さんまをフジからぶんどってこい」という特命を授けた。

 吉川氏らは、1年にわたる努力の末、さんまを日テレに出演させることに成功する。しかしさんまとの仕事はカルチャーショックの連続。時間と金をかけて作った800万円の超高額セットでも、さんまは「現場の空気に合わない」と思うと「いらんわ」とバッサリ切って捨ててしまう。「それ以来、『テレビは空気が大事なんや』というさんまの哲学が日テレに浸透していった」(吉川氏)という。


そんな話(ひょうきん族では1500万のセット、ふいにしてますよ2人で)より、あなたが編集している正月のテープが、見てみたい。

 


視聴者にとってセットにこだわるくらいなら、もっと中身にお金を掛けてくださいというのがほんとのところ。そういうことも考えていないから、中身スカスカの同じような番組、芸人だらけになる。

 


あなたは、マイクさえあれば永遠に話してますから何もいらないでしょうw

タモリ氏も天才と思うのですが、記事に無いのが残念

 


そういう直感的な番組作りの方が楽しそう!
今は人の顔色伺いながらで面白味無いし

 


すみません、何様やねんと言われるかもしれないですが
関西人からしたら、さんまに関しては昔も今も変わらず凄さは見てるだけで分かる。

天井のタイミング、振る相手、人が面白いと感じる使い方です。
人が、と言うより関西人が、なのかな。。。
あれが面白いと感じないとなると逆にどんなのが面白いの?

 


その800万のセットを企画したスタッフは
その後どうなったんだろうなぁ・・・

 


この記事さんまがいかにすごいかって書き方だけど800万円はいってみりゃ他人のお金でしょ。自腹きって使わななかったみたいな書き方だけど他人の金で作ったセットを「使わない」ってそんなに威張るようなことではないと思うんだけど。
「申し訳ないけど番組のために使えない」ってニュアンスになる話だしこんなの武勇伝みたいに外に出す話ではないよね。

 


もとまと大阪でピン芸人のさんまにはセットなど不要なんでしょうね。マイクと自身の体一つで笑いを取ってましたから
若いころ、ミナミでうろついてナンパしまくってるころから知ってます。ナンパもセットはないんです、だからマイクだけで笑いを取る漫才、落語は本物のお笑いなんです、今の芸人は仕掛けに頼る所があるから続かないし面白く無い。芸の無い芸人が多すぎる。

 


この人は人の話を最後まで聞く事が出来ない人

 


昔は楽しくてよく見ていたが、最近はちょっとうるさいのが鼻につくし、しつこいし、若手弄りがイジメに見える事も多く、全く見なくなった。
御殿もホンマも特番も。

 


芸能界のさんまヨイショがテレビ離れの一つの原因ではあると思うよ。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る