セレブを偽り借金1000万円に GENKINGが落ちた“SNSの闇”

【パグ速】芸能ニュース

人気記事や話題の芸能・ニュース・スポーツなど様々な情報をまとめてお届けします。

 

しくじり先生 俺みたいになるな!!

いやはや、驚きの告白だった。「や~よ!」のセリフでブレークしたタレントのGENKING(年齢非公開)が、28日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演。SNSやテレビなどで見せていた“セレブぶり”が、全くのウソだったことを告白したのだ。

もともと、GENKINGが芸能界入りするきっかけとなったのがインスタグラムだ。
高級ブランド品など派手な私生活を投稿し“謎のセレブ美男子”として注目を浴びるようになり、テレビ出演を果たし、一気にブレークした。
だが、本当はただの見えっ張りで、ローン地獄だったという。

芸能界に入る前は月収20万円ほどだったにもかかわらず、渋谷の一等地(家賃は7万円のアパート)に住み、移動はタクシー。
高級ブランドを買って写真を撮り、すぐに転売することを繰り返していたという。
海外へも、片道だけビジネスクラスに乗ったり、1泊だけ高級ホテルに泊まることもあったのだとか。それもこれも、インスタグラムに写真を投稿するため。
自身のセレブぶりを、外にアピールするためだ。
一時は1000万円の借金を抱えたというから恐ろしい。

しかし、実態とはかけ離れた無理な生活を送るうちに、全身にじんましんができるほど体調を崩し、ようやく「見えを張ることはダサい」と気付いたという。
GENKINGのように、インスタグラムやブログなどで私生活を公開している芸能人も多く、他人事ではないだろう。
ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

「インスタグラムなどをきっかけに、テレビ出演する人は増えてきています。芸能人にとって、SNSはいわば“営業ツール”なんです。
しかも、投稿した写真に『すごいですね』などのコメントがくると、本当に気持ちがいいらしい。
承認欲求が満たされるからでしょう。自分でも気づかないうちに、投稿が“エスカレート”していることも少なくありません」

人気商売とはいえ、何とも切なすぎる話。化けの皮がはがれた。


見栄はりすぎ。Instagramって本当に見栄はってる人いるよね。

 


全員と言っても過言じゃない!リア充をアピっても得るものはないことに気づいたほうがいいww

 


本当のリア充はSNSではなく、現実でコミニケーションをとっているのですよwインスタとかでアピってるイコール現実しょぼいw

 

 


禿げしく同意

 


ネットの中で称賛されるより
身の丈に合った暮らしを普通に送れる事が何より一番の幸せなり。

 


SNSでセレブ装ってる一般人も大勢いる

 


インスタって寂しい人の集まりだなって感じる
他人の評価を気にして、評価に振り回されて…
虚しくないのかな?
偽りの姿見せて何が良いのかサッパリ分からん

 


まぁ・・・本当のお金持ちは自分がお金持っている事を第三者にばれたくないからインスタで自慢なんてしないわな・・・正論w

 


読モやってる友達がインスタやれって勧めてくるけど自己顕著欲のかたまりみたいなSNS何が楽しいのかわからない。
オシャレな人とつながりたいってハッシュタグ見るたびに吐き気がする。

 


読モとかアパレル関係の勘違い(キチガイ)女多すぎwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 


駄目人間だけど、カミングアウトした点については、評価してあげたい。

 


SNS病・・・(笑) でも有名人がこういうニュースになるのは、社会的に意味のある事だと思う。

 


SNS世代の子供たちが親になっていく。育児中もスマホ。怖い。

 


日本人は現実をみるべきだ!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る