「自作の空飛ぶアイアンマンスーツ」が開発された!!!!!!!!!

「空飛ぶスーツ」で空中浮遊に成功した猛者が現る

イギリスの起業家が、実際に飛ぶことのできる「アイアンマン」のスーツを作った。

スタートアップの「グラビティ」の創業者である元イギリス海兵隊のリチャード・ブラウニング氏は、自らが製作した「空飛ぶスーツ」の試作品を動画で公開した。

なんと、現実の世界でアイアンマンのように空を飛ぶスーツを作った人物が現れた。

「グラビティ・インダストリーズ(Gravity Industries)」という名前のYouTubeチャンネルで公開されている、実在する「空飛ぶスーツ」の動画だ。アイアンマンそっくりの姿で宙に浮かぶ様子をぜひご覧いただきたい。

 

空飛ぶスーツを開発したのは、英国出身の実業家「リチャード・ブラウニング(Richard Browning)」さんである。リチャードさんはある日「空を飛んでみたい」という思いがよぎり、このプロジェクトを立ち上げたのだそう。

動画でスーツの様子を確認すると、初めのうちはピョンピョンジャンプしているだけのように見えるが、後半になるにつれて飛べるようになっている……というか、“宙に浮ける” ようになっており、その姿がアイアンマンそっくりだ。

リチャードさんは、初めに羽根やモーターで飛行しようと考えたが、後に難しいことに気付き、ジェットエンジンを用いたシステムを考案したのとのこと。動画では左右の腕に2つずつ、そして背中に2つ、合計6つのジェットエンジンが搭載されている様子が見て取れる。

この空飛ぶスーツ、理論上では高さ300m、時速16kmで飛行することが可能ではあるものの、実際はバランスを取るのが非常に難しく、ブラウニングさんの最長飛行時間は12分とのこと。まだまだ改善の余地はありそうだ。

なお、同製品は「Daedalus(ダイダロス)」と名付けられており販売を目指しているとのこと。もしかすると市販用アイアンマンスーツが完成するかもしれない。夢は広がるばかりである。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る