「私はレイプされた」著名ジャーナリストからの被害を、女性が実名で告白

【パグ速】芸能ニュース

人気記事や話題の芸能・ニュース・スポーツなど様々な情報をまとめてお届けします。

 

性的被害でTBS元支局長を告発した詩織さん、ホテルの防犯カメラ画像を確認したことを主張

テレビに多数出演する著名ジャーナリスト・山口敬之氏にレイプされたと主張する女性・詩織さん(28)が5月29日、山口氏が不起訴となったことを受け、検察審査会に不服申立をしたと発表した。

配布された資料などによると、詩織さんは2015年3月、当時TBSワシントン支局長だった山口氏に就職相談をしたところ、食事に誘われた。
そして4月3日午後8時ごろ、都内の串焼き屋に入り、午後9時20分ごろ寿司屋に移ったが、そこで食事をしているところで記憶を失った。そして、痛みで目覚めた際、レイプされていることに気付いたという。

時折涙ぐみながら、詩織さんは語った。

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。
私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」

詩織さんは酒に強く、酔って前後不覚になったことはなかったという。
詩織さんはすぐに病院に行き、さらには4月9日に警視庁原宿署に相談した。

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。
しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

山口氏はその後、2015年8月26日に書類送検されたが、2016年7月22日に、嫌疑不十分で不起訴になった。詩織さんは納得がいかないとして、検察審査会に不服申立をした。

詩織さんは、家族の意向で名字は伏せたものの「匿名の被害者女性と報じられたくなかった」として、顔と名前を公開して記者会見に臨んだ。


これを告白するまでどれだけの葛藤があったのだろうか・・・・
勇気ある方だと思います。

 


もし本当なら酷い話だ。

 


これが圧力ってヤツなんですか?

 

 


女性が顔出しして性被害を訴える…
よっぽどのことだと思いますよ

 


なんで山口さんは逮捕されなかったのかな。

女性は出てきても顔は知られるわ、有名なるわ、売名だとか心ないことを言う人も出てくる。それでも勇気を持って出てきたのだから、どういう経緯で山口さんは逮捕されずに済んだのかはっきりしてほしいですね。

 


酷い話だ。これが殺人でももみ消すのか、レイプは魂の殺人だ。上からの圧力でって、誰だろう。

 


この人の勇気はすごい。
そもそもなぜ所轄の捜査から逮捕状が出た段階で、また本部が再捜査する必要があるのか。上からのもみ消し以外考えられない。
やはり警察も政治かも腐っている

 


真実を明らかにすべし。こんなことがあってはならない。

 


薬を用意していたと、かなり悪質ですね。
こういうので売名と言う人もいるけど、こんな事で女性が名前出すのがどれほど屈辱か。
頑張ってほしいです。

 


レイプで直ぐに病院に行き下着では無く体内から体液を採取したら証拠になるよね?

 

 


こんな理不尽がまかり通っていいのか。
被害者が気の毒でならない。

 


よーーく考えて最適な復讐をしましょう。
私はこのような人間はそのままにしてはならないと考えます。

 


反撃されるなんて思わなかったんだろうね

 


上からの指示とは誰からの指示なんでしょうか。
首相とお友達になればなんでもありなんでしょうか。
はっきりさせてもらいたいですねえ。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る